コンテンツへスキップ

会社員をしている40代の男性です。
子供の頃から太る事が出来ずに痩せていたのですが、同じ身長の同級生と比べても明らかに痩せており、
友人がMサイズの服を着ているのに一人だけSサイズを着る程細い体系でした。
中学から大学までの間に15センチ程身長が伸びたのですが、
殆ど体重が変わる事無く52キロ前後で安定をしており、
これ以上太る事もありませんし痩せる事もありませんでした。
女性の方からは太らないなんて羨ましいと言われる事がありましたが、
私自身はプレッシャーに感じていたのです。
手首が異常に細かった為に弱弱しく感じてしまいますし、
ある女性から私より細いとネタにされてしまい、
それ以来細い手首を見せるのが嫌になりました。
夏の暑い日でも半そでを着る事を避けて長袖で過ごしており、
細い体を見せる事に抵抗がありました。
やがて大学に進学をする事になり学業に励む事になりましたが、
あまりの忙しさと将来へのプレッシャーで更に痩せてしまい、
48キロまで体重が落ちてしまったのです。
今までの人生の中で一番痩せていた時期でありましたので、
いつも太りたいと思っていました。
決して小食でもありませんし良く食べる方だったのですが、
痩せる体質だと自分で思い込んでいました。
肉類が好きでよく食べていましたし、
友人達とハンバーガーを食べに行く事が多く、
当時はお酒を飲めませんのでしたのでコーラを飲んでいましたが、
高カロリーにも関わらず太る事はありませんでした。
体質なので太る事は無いと諦めていたのですが、
大学を卒業後に就職をしたところ急激に体質が変わってしまったのです。
入社当時は身長が172センチで52キロしか体重がありませんでしたので、
皆から本当にそんなに痩せていて仕事が勤まるのかとバカにされる事もありました。
営業の仕事をしていましたので一日中外回りをしていましたが、
一日に6時間は歩いていましたので体力の消耗も激しく、
50キロ前後の体重を行ったり来たりしていたのです。
その後、配置換えがあり内勤での業務に移ったのですが、
一日中デスクに座りながら仕事をする事になり、
それを機会に体質が変化をしてしまい太り出してしまったのです。
顧客との商談もありましたので招待をされる機会も増えてしまい、
毎日のように料亭で飲食をするようになりました。
お酒も良く飲むようになりましたし料理も頂く事が増えてしまい、
あれだけ太らなかった状態から徐々に体重が増加をしてしまったのです。
あっという間に60キロになり更に2ヵ月後には85キロまで増えてしまい、
同僚からは全くの別人だと指摘をされるほどでした。
私の事を知らなかった新人社員に以前の痩せていた頃の写真を見せますと、
あまりの違いように驚きを隠せない程の激太りです。
子供の頃から細い体質を気にしていて太りたいと願っていましたが、
実際に太って見ますと弊害も多く辛い事もたくさんあるので
入社当時に来ていたスーツですが、お腹周りが出ていますので着る事ができませんし、
プライベートの服の殆どが入らなくなってしまったのです。
自分の体系にあった服を買い直すのにお金も掛かりますので出費が嵩んで仕方が無いのです。
以前は夏の季節が好きだったのですが、太りだしてからは暑苦しさを感じてしまい、
汗をかくと気持ち悪くなってしまいました。
全身が蒸れたようになってしまって快適な季節では無くなってしまったのです。
今まで痩せていた状態からいきなり太ってしまった原因ですが、
恐らく運動不足が影響をしていると思うのです。
営業で歩いていますとカロリーを多く消費してしまいますので、
エネルギーに変えられて太る事が出来なかったのだと思います。
配置が変わりデスクワーク中心の仕事に変わった為にカロリー消費が減ってしまい、
夜には接待で飲食の機会が増えた事が太った原因です。
会社では年に数回健康診断がありますので医者に聞いた所、
太っているのと痩せているのでは絶対に痩せている方が良いと言われてしまいました。
高血圧、糖尿病、心臓疾患の原因になる事が多く万病の元になりますので、
今では少しずつ食事を減らしながら運動量を増やしてダイエットに挑戦をしています。